社会貢献活動

伊藤忠エネクスグループの食育・火育活動

基本理念(食育活動の木)
食育活動の木

「台所の炎」を供給する私達の使命として、家庭料理としての「食」を通じて調理することの楽しさや重要性を伝え、「食文化」を未来へ継承していく活動を推進していきます。また、「火」と人間の関わってきた歴史を通じ、「火はかけがえのないもの」であること を伝え、次世代を担う子供たちの健全な心身を養うお手伝いをしていきます。

炎の文化の継承活動
家庭で作る食文化の継承

江上料理学院豊かになった日本は、食べ物が溢れています。料理が出来なくても、コンビニ等の普及で、24時間食べ物を手にすることができます。外食・中食の発達により、北海道から沖縄に至るまで味の均一化が進んだり、冷凍食品やインスタント食品の普及により、「家庭の味」を知らない子供たちも増えています。
「簡単」「美味しい」家庭料理を通じて、調理する楽しさや重要性を皆様にお伝えしています。

主な活動報告

院長が全国料理学校協会理事、食育インストラクターでもある江上料理学院とのコラボレイトにより、カリキュラムやガスの炎を生かした簡単レシピにて、全国で料理講習会を開催中!

包丁と炎の正しい使用方法の継承

包丁と炎の正しい使用方法の継承便利になった一方で、家庭の味が失われつつある現代。食事バランスを考慮した既製品により、調理しなくても済んでしまう反面、生きていくために必要な「作る」ことを知らずに育つ子供も出てきています。炎の利便性や恐さ、大切さ、色、形すら知らずに育つ子も今後は出てくるかもしれません。
「包丁を正しく使って、料理を作る」「炎を正しく使って料理を作る」、将来を担っていく子供達に、生きる力を身に付けて欲しい、そんな活動を応援します。

主な活動報告

お父さん、お母さん、おじいちゃんやおばあちゃんとペアになって参加出来る親子教室を開催。食材や味覚に関するクイズで食に関する知識を身に付けていただき、実際に包丁を握って切り、火を使って焼く、蒸す、煮る等、調理する楽しさを体感していただきます。